三景スタジオは二人だけの最高の瞬間を写真に残します

Wedding

トップページ > ウェディング > お得な情報 > 華麗なる花嫁衣装˳୭☆❃˚•〜花嫁和装の イ・ロ・ハ〜【其の二 色打掛】

お得な情報

三景スタジオのウェディング撮影のお得な情報

華麗なる花嫁衣装˳୭☆❃˚•〜花嫁和装の イ・ロ・ハ〜【其の二 色打掛】

和装は日本に古来より伝わる伝統の衣裳。

近年特に「和」の注目度が高く、結婚式でも和婚スタイルの人気が高まっています。

特にその見事な伝統の花嫁衣装はとっても豪華絢爛♡♡♡

今回はそんな和婚に憧れるプレ花嫁様に向けて、和装の花嫁衣装のアレコレをお伝えしていきたいと思います!

お店でお客様からよく聞かれる「和装の疑問」なども含め、結婚式に着る
白無垢・色打掛・引き振袖の違いや意味などを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね♡

 
 
前回の記事では、

白無垢について紹介させていただきました♪

 
和装の花嫁衣装についてご紹介させていただきました初回のページはこちら♪

 
 
さて、

第2回目の今日は…

色打掛について♡

 
ご紹介させていただきたいと思います!

 
 
 

② 色打掛

 
白無垢と同格の正礼装です。

色どりの美しさだけでなく、縁起ものの柄を選ぶのも楽しみのひとつに。

 
 
白以外の打掛が「色打掛」です。

「掛下」と呼ばれる小袖を着て、その上に色鮮やかな打掛を羽織ります。

赤や金などの打掛の色はさまざまで、柄も縁起のいいものがあしらわれ、とっても華やか!♡

室町時代の武家の女性が、婚礼衣裳として使っていたのが始まりだそうです。

現代では、挙式では白無垢を着て、披露宴にで色打掛にお色直しする花嫁が多いよう。

三景スタジオでも白無垢&色打掛の二着をご撮影されるお嫁様がダントツの一番人気ですよ♡

 
 

sankei色打掛collection

 
 
白無垢から色打掛にお色直しすることは、

「今までの自分を一度真っ白に戻し、嫁いだ家の色に生まれ変わる」という意味もあるのだとか。

花嫁の「嫁ぐ覚悟」を表すんですね。

特に「赤」は血液の色はとして、「生まれ変わり」を意味する色だといわれているそうです。

色の意味も考えて、素敵な色打掛を選びたいですね◎♪

 
 

いつの時代も人気!王道の「赤」の色打掛

 
 
色打掛で人気カラーはやはり「赤」です♡

見た目の華やかさはもちろん、昔から選ばれていることもあり、王道の色だと言えます。

幅広い年代から人気があり、赤は顔色を良く見せてくれる効果もあります。

 
 

イマドキ花嫁は「淡色」♡

 
今期のトレンドは淡色のパステルカラーです。

和装で淡い色のイメージがあまりない方も多いのではないでしょうか。

しかし、柄がはっきり映えつつも上品で気品あふれる印象になります。

 
 
例えばこちら!

同じピンクの色打掛ですが、

1枚目のお写真は白い掛下で正統派な印象に。

次の2枚目のお写真は、色打掛の下に紫の掛下を入れてより鮮やかな印象に♡

こうしたお着物のコーディネートを楽しんでいただくことも♪

 
※色掛下のより詳しいご紹介記事につきましては是非こちらのページをご覧ください♡♡♡

 
 
 

一生に一度の特別なお写真♡

どんなお写真を残されたいか、

また、どんなヘアスタイルにされたいか、などなど。

ぜひご来店時、カウンセラーになんなりとご相談くださいね♡